誰だってワケあり。

日々考えたこと、おすすめしたいもの。

映画「ムーンライト」‐‐‐時代を象徴する、考えさせる映画

先日「ムーンライト」を観てきました。

 

2017年アカデミー賞作品賞受賞作です。

academy.yahoo.co.jp

 

 

司会者の方が誤って「ラ・ラ・ランド」と発表してしまったハプニングがありましたが、

その後「ラ・ラ・ランド」主演のエマ・ストーンがこの「ムーンライト」のことを絶賛していたのが印象的でした。

 

そういえば、「ラ・ラ・ランド」のキャスティングにはこんなこぼれ話も。

front-row.jp

 

当初の主演候補だったエマ・ワトソンは、最近公開された映画「美女と野獣」に出演してますね。

beauty-beast.gaga.ne.jp

エマ・ワトソンは少し顔が幼い・・というか実年齢より若く見えるので、

結果的にこれでよかったのではないかと思います。

 

 

 

話がそれましたが、肝心の「ムーンライト」について。

 

 

率直な感想でいくと、「難しい映画」。

 

これは一人で観に行くべき映画だと思いました。

理由はあとで述べます。

 

 

映画の内容について、「○○が△△して、××する映画」と単純には言い表せない。

 

でも、監督が伝えたかったメッセージはなんとなく理解できた気がしました。

 

 

ポスターに写るのは黒人の少年。

主人公の少年時代です。

 

黒人の男性が主人公で、登場人物もほとんどが黒人の方です。

そのみんなが思い悩み、葛藤している。

 

でも、映画を観終わって気づくのは、

黒人だから悩んでいるのではないということ・・・

 

映画館の廊下に、この映画に関する新聞記事が掲示してありました。

 

「この映画のタイトルが、「ムーンライト」である理由・・

肌の色ではない、個々を照らす光ーライトー、すなわち個々を取り巻く環境こそが大切なのだということを教えてくれえる映画」

 

この映画の核となっている部分をとらえたコメントだと思いました。

 

 

誰かに照らされて自分がいる、

だからこそ自分も誰かを照らす存在になりたい、

 

数日間映画のことが頭の中でぐるぐるした結果、いきついた結論というかなんというか。

 

そんなことを、美しい映像と素晴らしい俳優陣で描いている映画だと思います。

 

主人公を、少年時代・学生時代・青年時代、と3人の別の俳優さんが演じています。

監督はあらかじめ3人に、「互いの演技に影響が出てはいけないので、事前に会ったりすることのないように」と伝えたそうです。

 

撮影も時代ごとに分けて行われたようですが、

不思議と3人の俳優さんが、同じ視線の送り方や表情をするんです。

 

これはキャスティング勝ちなのか、脚本勝ちなのか、素人の私にはよくわからないのですが、

そういう点でも「味」のある映画でした。

 

それから本当に映像が綺麗な映画です。

黒人の方の肌が自然に、でもつややかに撮影されています。

 

ぜひ大きなスクリーンで体感してほしいです。

 

 

一人で観るべき映画、というのは、

先に述べたように、非常に消化に時間のかかる映画だからです。

 

何人かで観に行った場合、

きっとある人は「おもしろくない」と言い切ってしまうだろうし、

またある人は私のように考え込んでしまうだろうし、

主人公と自分自身を重ねて共感を抱く人もいるのだと思います。

 

 

余談ですが、今回初めて名古屋市にある伏見ミリオン座という映画館に行ってきました。

小さな劇場ですが、選りすぐりの映画を上映しているようで、

コアな映画ファンでいっぱいに。

 

事前に座席予約ができないのがネックですが、

名古屋に住んでいる間に通いたい、そんな映画館でした。

 

伏見ミリオン座 | 映画屋どっとcom

 

 

映画「ラ・ラ・ランド」---逃げ恥と似たようなものを感じたのは私だけ?

 

最近、と言いつつもう1か月前になりますが、

映画ラ・ラ・ランドを観てきました。

 

今年のアカデミー賞で、作品賞こそ逃したものの、

複数の賞を受賞した注目作です。

gaga.ne.jp

 

ちなみに、作品賞受賞はこちら「ムーンライト」

今日このあと観てきます。

moonlight-movie.jp

意外に日本人ウケはしないのでしょうか?

大きいシネコンとかだと上映していなかったり・・

とりあえず観てきます、また感想はブログに書きます。

 

 

さて、本題の「ラ・ラ・ランド」。

 

 

ミュージカル映画というキャッチフレーズで押されていますが、

実際私たちが想像するような「ミュージカル感」はないとかで、

「物足りない」とかなんとか、賛否両論あるみたいです。

 

確かに、「ミュージカル映画」と聞いてぱっと浮かぶのは、

名作「レ・ミゼラブル」とかでしょうか。

 

劇中歌の民衆の歌とかは、

いかにもな「ミュージカルじゃあああ」って感じです。

youtu.be

これすごく好きな動画。

 

確かに、これを知っている人からすると、「ラ・ラ・ランド」は、

「なんやミュージカルやいうてんのに、薄味な感じやな・・」

という感想になるのも仕方ないかなと。

 

でも、私自身は、あまり「ミュージカル」という点に引っ張られずに、

フラットに観ることができたので、結構楽しめました。

 

映像もきれいですし、女優さんも女性の強さとやわらかさを両方表現できる素晴らしい方だと思います。

 

感情の起伏があるところや、物語のカギを握るシーンで

歌やダンスが取り入れられているのですが、

 

ここに、タイトルの「逃げ恥」との共通点を感じました。

www.tbs.co.jp

 

「逃げ恥」はところどころ、みくりさんが自分の言動を客観視するようなシーンが

数多く挟まっていたと思います。

情熱大陸の取材受けてる風なところとか、キャスター風のところとか)

 

ラ・ラ・ランド」において、それが歌であり、ダンスであり。

自分の心情を客観的に歌い上げる、というところや、

そういった要素が挟まるタイミングが、「逃げ恥」と重なりました。

 

そういった見せ方とか、技術に高いレベルとこだわりを感じる作品。

ただ、ストーリーというか、テーマとしては割と普通なので、

作品賞を逃したのも納得っちゃあ納得なのかな・・

 

ラスト15分くらいは衝撃的ですが、基本的にポップな映画です。

デートにもいいんじゃないかな。私は旦那さんと観ました。

 

ただし、受け止め方は人それぞれだと思うので、

観た後に品評会するのはやめましょう。

 

これからまた

 

 

書き始めます。

 

 

作って早速放置してしまってましたが・・・

 

パソコンを新しくしまして、

いろいろと書きたいこともたまっています。

 

はてなブログもいろいろ機能があるので、

使いこなせるようになりたいものです。

 

 

とりあえず今日は、おやすみなさい。

はじめまして

何を書けばいいやら・・・ですが、まずはなぜブログをはじめるかですね。

 

 

 

文章が書きたい。

 

 

 

それだけです。

 

7月末まで会社員してまして、割と有名なでっかーい会社でしたんで、

毎日いろんな情報が飛び交う中で仕事してました。

 

具体的には、えらい人たちのしゃべる文章考えたりする仕事です。

もちろんそれだけじゃないですが。

 

そういう環境だと、自分も発信するので、

忙しかったけれど、会社員の日々に感じたことや考えたことのあれこれは

いまでもけっこう覚えているものです。

 

 

 そんな中退職し、入籍。

 

8月の1ヶ月間夏休みをいただき、

その後9月からゆったりとした事務仕事に転職しました。

 

引越しもしまして、ありとあらゆることが変わりましたが

大きく変わったのは、とにかく文章を書かなくなったこと。

 

自分から情報を発信することがなくなったこと。

 

 

そこで、ブログという場をお借りすることにしました。

 

 

おいしかったものとか、おもしろかったものとか、

それから日々考えたこと。

 

いろいろと発信していければと思います。

 

よろしくお願いいたします。