棚からまるがお

ぼたもちよりは役に立ちます in ブリュッセル

肌荒れを乗り越えました

ベルギーに引っ越してから、少し肌が荒れました。環境の変化に伴うストレスとか、乾燥とか、食べ物の変化とか(大豆製品から疎遠になる)、いろいろ考えられる原因はありますが、一番は水です。硬水。最初の1週間、ホテル暮らしだったときはさほどだったのですが、アパートに入居してから一気にきました。なんとなく、水の硬度がホテルよりアパートの方が高いような気がします。水を肌の上にのせて、少し強めにこすると、ざらっとします。通称カルキ。石灰です。蛇口に水滴がついているとそれが乾燥して石灰が残ります。理科の実験みたい。ですが、これを掃除しないと排水溝がつまったり、蛇口が不調になるので大変です。

肌の話に戻ります。去年の秋、ベルギーが硬水であることを知ってから、水で顔を洗わない生活をしていました。具体的には、夜の洗顔をカット。オイルでクレンジング、それをお湯で流すだけで終了。朝は少し水で流すだけ。結果的に肌の水分量がちょうどよくなって化粧ノリがめちゃくちゃよくなりました。これまでいらんことしてたんやなあと。

で、ベルギーにきてからもそんな感じで続けていたのですが、お湯で落ちる(お湯でしか落ちない)フィルムタイプのマスカラを持ってきてしまったので、どうしても硬水を顔にあてなければならない日々が続き、気づけば顔ににきびが。しかも一気に3つ。私の場合、肌が乾燥するとにきびになります。日本にいるときからずっと同じスキンケア製品を使っているのに急に肌が乾燥するということは、保湿がうまくいっていないということ?そう思ってお風呂上りに肌を触ると、確かに化粧水が入っていないような。

 

いろいろ考えた結果、顔にある程度の油分がないと化粧水が入らないという、かの有名なアルビオンが提唱する説を思い出し、ブースターでオイルをぬった後に化粧水で保湿という方法を考えました。下手にこちらのスキンケア製品に手を出すのは怖いし、なにより日本で爆買いしたスキンケア製品を船便で持ってきたのでそれを使わないともったいない。それにシンプルなオイルなら、顔に合わなくても身体に使えば無駄になりません。

日本ならかつて愛用していたマークスアンドウェブやコスメキッチンにかけこむところですが、どちらもこちらには店舗がないので、とりあえずカルフールで売ってるこちらのオイルを買ってみました。

クナイプのアルガンオイル。1000円しないくらいで買えました。日本より少し安いですか?(日本では買ったことない)あとから調べましたが、これと全く同じものは日本にはないみたいです。

中身。

使い心地は、いたって普通のオイル。ココナツ系の甘い匂いもするし、やすらぎます。

お風呂上り、顔の水滴をタオルで軽くふいて、3滴くらいのオイルをてのひらにのばして顔になじませます。そしてそのあとに化粧水、乳液。これだけで全然違います。オイルを使い始めてから肌がやわらかくなって、化粧水をつけたあとに肌がひんやりするあの感じが戻ってきました。「ああ、あれが肌のごわつきというやつやったんか」と実感。

2~3日続けていると、元通りの肌に戻ってきました。朝の化粧ノリが全然違う。周りの奥様方は結構すっぴんで過ごしている人もいるのですが、私はすっぴんで眉毛がないのでそんなことできないし、たまに出る太陽から降り注ぐ紫外線がものすごい気がして、ファンデーションを塗らずして外には出れないので本当に治ってよかったです。

 

ちなみに、スキンケア製品、ベースメイク用品は日本で爆買いしてきました。一時帰国の予定があるので、少なくともそのころまでやりくりできる量ということで考えました。

  • 無印良品マイルドクレンジングオイル 400ml 4本
  • 日本酒の化粧水(しっとり)500cc 4本
  • 豆乳イソフラボン乳液 150ml 5本
  • 化粧下地 アルビオンホワイトシフォンルミナスプライマー 5本
  • ファンデーション NARSベルベットマットスキンティント 3本
  • ファンデーション アルビオンホワイトシフォンルミナス 1つ

下地はコントロールカラーもかねていて、SPFもしっかりしているのでいつもちょっとしっかり目につけてます。なので多め。NARSのスキンティントはあほみたいにコスパがいいので、たぶん買いたす必要はないんじゃないかと思ってます。パウダーファンデーションはたまに気分転換でつけたり、しっかり目に仕上げたいときにNARSの上からぬったりするだけなので少な目です。

化粧水と乳液が若干足りなくなる恐れがあります。ちょっと怖い。でもけちるとよくないので、日本から輸送してもらうことも視野にこれまでどおり使おうと思います。ちなみにコットンも無印のやつを4パックくらい持ってきました。こちらでもコットン美容が浸透しているのか、結構な種類が売ってますが、やたらとサイズが大きかったり、一つ買ってみたやつは肌触りがむちゃくちゃ悪かったです。なんか座布団カバーで顔ふいてる感じでした。日本のやつを持ってきて正解。

 

話のつきないスキンケア談義。今年の春夏コレクションも気になりますが、買えないので各社のウェブサイトは見ないようにしています。男性のみなさんつまらん話ですみません。

またあしたからもがんばっていきましょう。

 

外国人になって思うこと

たいした話じゃないですが、ちょっと書き残したいので。

 

自分が外国人になって思うのは、言葉がわかること、意思疎通ができることというのは尊い、ということです。でも、ちょっとわかるだけじゃ、生きてはいけるけど、なんとなく損してる感じがします。

例えば、いまの私のレベルでは、問題なく買い物もできるし、袋はいりませんとか、調子はどう?くらいの会話はできるけど、ポイントカードを作るとお得でどうのこうのっていうところまではたどり着けない。みんなはもってる会員カードがないまま買い物をしていて、たぶんたくさん買い物をしているともらえる商品券みたいなのがもらえない。

思えば私も大学時代マクドナルドでバイトしていて、ノベルティで配るもとかの説明を、英語での接客では省いていたなあと。あと、京都駅で道を聞かれたときも、正直地下からいったほうが早いけど、少し遠回りな正攻法のルートしか教えてなかったなあとか。なんか変なオーラが出ているのか、これまで結構頻繁に道をたずねられてきて(母親もそうらしい。こういうのは遺伝するのでしょうか)、ちょっとでも日本のイメージがあがればと思って対応してきたつもりだったけど、知らず知らずのうちに線を引いていたのだなあと実感しました。

 

最近、このちょっとした損みたいなのが、自分の中で心理的に大きな壁になっているような気がして、「まあわたしは外国人だしな」とがらにもなくしょんぼりすることもあります。間違いなくパスポートの携帯を義務付けられた外国人なのですが、住所もあるし、せっかくならジモティーになりたいのです。無謀な夢かもしれませんが、理想はジモティーです。

 

ぐだぐだですみません。

あしたからもがんばっていきます。

 

チョコレート博物館に行きました

海外滞在といえば「地球の歩き方」が定番ですが、実はベルギーはベネルクス(オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ)で一冊にまとめられているのです。なので、ベルギーに関するボリュームもそんなに多くなくて、ブリュッセルの中心地と、郊外のブルージュアントワープくらいで終わり。結構あっさりしています。

しかも、そんなに頻繁に更新されていないのか、最近できた施設とかは載ってなかったりします。まあいまどきネットで調べればホイなので、期待するほうが違うのかもしれませんが。

 

旅行ではなく住んでいる身なので、地球の歩き方に載ってないおもしろそうなところにいってみようとアンテナを張っています。今回行ってきたのはこちら。

 

Belgian Chocolate Village

https://www.belgianchocolatevillage.be/

 

チョコレート村。フランス語名でMusee du chocolatとありましたので、おそらくチョコレート博物館が正しい日本語訳。

ベルギーは言わずと知れたチョコレート大国で、生産(ブランド)も消費もイケイケ。チョコレート博物館はVictoriaというチョコレートメーカーの社屋跡地に作られた建物で、2014年に開館したみたいです。周囲にもGODIVAはじめいくつかのチョコレートメーカーの建物があって、駅前には大きなカカオのモニュメントがありました。みなさんGODIVAはベルギーなんですよ!ここテストにでます。

 

最近できただけあって、博物館の中はポップで現代的なデザイン。カカオの収穫からチョコレートの加工までを映像で見せてくれたり、チョコレートの歴史を学べます。もともとは飲料だったんですね。おもしろかったのは、徐々にチョコレートの加工技術が広まり始めた1600年代に「チョコレートは飲み物か食べ物か」という激しい論争があったらしいです。なぜそこでもめるのかというと、飲み物ならばキリスト教の禁欲期間でも口にすることができたから。そして論争の結果「チョコレートは飲み物」ということになったらしいです。欲望が勝っちゃったわけですね。こんな感じのトリビアというか、豆知識的なところもたくさん知ることができて楽しいです。

でもお勉強だけじゃありません。なんと!現役ショコラティエのお兄さんが、クーベルチュールチョコレートを溶かして型に入れて空気抜いて外側だけ固めて中にガナッシュを入れて、という一連の工程を間近で見せてくれるコーナーがあります。試食もできます。プラリネめっちゃおいしかった。行ったのが日曜日ということもあってガラ空きだったので、お兄さんとゆっくり英語でおしゃべりしてました。下世話な質問とわかっていながら、「どこのチョコレートが一番おすすめ?」とたずねると、悩みながら「ピエールマルコリーニかな」と言ってました。ベルギーでも「お高いチョコレート」として浸透しているみたいです。そこら中に店がありますが、確かに5個入りで私が履いているZARAのジーンズより高かった。ちなみにGODIVAはまあ普通、だそうです。「日本はGODIVA高すぎだよねーうけるー」って言ってました。お兄さんはチョコレートが好きだからショコラティエになったそうです。日本より活躍できるチャンスも多そうでいいなあ。

 

中の様子を少しだけ。世界のチョコレートのパッケージ。ちなみに日本のチョコレートは、きのこの山が展示されてました。

 

で、これが実演スペース。平日にお金を払えば、体験もできるみたいです。ただし英語かオランダ語かフランス語。

 

チョコレートのこといろいろ学べて楽しいです。ブリュッセル市街地からは少し離れているので、ごみごみしてないし、目の前に大きな公園があって景色もきれいです。

ちなみになんとなんと日本語のオーディオガイドがあります!!!もちろん展示にはすべて英語の表記があるのでそれを読めば済むのですが、完全に日本人観光客を意識している感じなのでぜひたくさんの人たちに来てほしいなと思います。

ロティサリーチキンの隣にある野菜

昨日ロティサリーチキンを食べました、ヨーロッパでは定番メニュー。5ユーロくらいで売ってる庶民の食べ物。一回ではとても食べきれないので、残りは翌日サラダやスープにして食べるみたいです。

 

このロティサリーチキン、ではなく、その横に並べている野菜の話をします。

 

こいつ。

 

ムーミンの背中みたいですが違います。バターナッツかぼちゃ。です。日本ではあんまり売ってませんが、こっちではかぼちゃといえばこっち。1kgで0.9ユーロくらい、これひとつだと140円くらいでした。断面の写真を撮り忘れたのですが、下のぼちゃっとした形の部分に種が入ってます。上の煙突部分は100%、実です。なので日本のかぼちゃよりお得感がすごい。

で、一気には食べれないので、二つに割りました。

みずみずしい。フルーティな香り。左側の下半分は種をとってチーズと焼いてロティサリーチキンのつけあわせに。そして右半分は、細かく切って鍋に。皮はピーラーでむけます。これはありがたい。

砂糖と一緒に煮詰めて、

ジャムに!

かぼちゃジャム。おいしい!かぼちゃ自体が甘くて酸味が少ないので、砂糖も少なめでいけました。毎朝のパンのおともです。パイやデニッシュ生地と焼いてもおいしいかなあと妄想しています。

ちなみにかぼちゃの前はこっちに来てから自分でたいたあんこをつけて食べてました。あずきは健康食品みたいな感じで売ってます。

またいろんな保存食にチャレンジしていきたいと思います。

フェイスタオルを染めました

洗濯格闘記シリーズです。

yukitaaan.hatenablog.com

yukitaaan.hatenablog.comyukitaaan.hatenablog.com

 

前回のミニ靴下はサイズの話でしたが、今回は色の話です。やってしまいました、色移り。

 被害者はこちらのタオル。

なんとなーく青っぽくなってます。わかりやすいように白いタオルと比較。

 

あー、染まってますね。見事に水色になってます。写真だとなかなか伝わりにくいですが、実際はもっと染まってます。絶妙に微妙なオレンジと水色のコントラスト。柔軟剤がしっかり効いてふわっと水色に仕上がりました。

 

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、色移り元(この言い方が正しいのか知りませんが)は、私のデニムです。リーバイスのアウトレットで買った、濃いネイビーのスキニー。色移り元ということで犯人扱いしてますが、実は彼も被害者で、元は洗い加工のないまっさらなネイビーだったのにいまや立派にウォッシュドデニムです。ちなみにユニクロの黒デニムも似たような感じで着々と色落ちしてきています。ただ、こちらにはなんと「黒を復活させる柔軟剤」が存在するようで、今度買って使う際にビフォーアフターをお伝えできればと思ってます。

実は同じように色移りしたタオルがあったのですが、翌日使用してもう一度洗濯すると、色移りが随分ましになってました。ネットで調べても、高温で再度洗うとましになるとか。この水色タオルも洗えばましになったのかもしれませんが、今後同じ過ちを繰り返さないための戒めとして、このまま水色でいてもらおうと考えています。ごめんね。

 

てか今回に関してはベルギー関係ないし完全に私のミスです(笑)反省。

それにしても、こうしてブログネタにできる程度のものならいいのですが、自分の白シャツが染まったら泣くだろうなあ。まあ染まり具合によっては着るんだろうけど。

FINAIRのビジネスクラスに乗りました

日本からベルギーに来る際、(夫の)仕事による海外赴任なので、おまけでついていく私もビジネスクラスに乗せてもらえました。もちろん人生初。FINAIRもたぶん人生初だと思うのでエコノミーとの比較ができないのが残念ですが、印象に残ったところだけでも残しておこうと思います。

 

まず、ビジネスクラスといえばご飯。機内食のクオリティは想像以上でした。寝ぼけてがっついたりしたせいで写真がほとんど撮れていないのが悔やまれますが・・・

 

メインの食事(今回は日本時間でお昼出発の飛行機だったので、昼食がメインの食事でした)の、これが前菜。サーモンのムースに、ゼリーで固めたカツオがのってます。スープかこれかの二択。

 

で、メイン。和食を選びました。ほかにはノルウェーサーモンと、ビーガンのメニューがあったかな。

 

最後デザート。アイスかケーキかフルーツか。二種類選んでる猛者もいました。

 

あとは、到着直前に軽食が出ました。牛丼かパスタサラダかサンドイッチか、みたいな感じでした(寝起きで写真なし)。

搭乗直後もウェルカムドリンクを出してくれて、食前も飲み物があったかな。イチオシしている様子のブルーベリージュースがおいしかった。上のデザートの横についてる飲み物は紅茶なのですが、ブラックティー?ベリー系の味がしました(この辺の教養も身に着けて帰りたい)

 

食器やブランケット、紙ナフキンにいたるまで、機内で手にする物がいちいちマリメッコなのはなんというか想定していた出来事だけど、いざマリメッコにかこまれて10時間過ごすと急に自分がハイクラス民になれたような気がして気分良かった。次ラシック行ったらマリメッコ爆買いしそう。いいプロモーションになってるよなあ。一人ひとつアメニティとしてマリメッコとFINAIRコラボのポーチが置いてあって、その中にアイマスクと耳栓と歯ブラシ、ロクシタンのリップバームとボディクリームのミニサイズが入ってました。うれしい。

 

CAさんは7~8人?日本人の女性もおひとり。男性は今回はいなかったです。ビジネスクラス担当のCAさんが4人くらいいて、きっちりサービスしてくれました。FINAIRって制服がかわいいことで有名だと思うのですが、制服がブーツなんですね。あんなの長時間立ちっぱなしの現場にはふさわしくないと思うのですが・・・深夜時間帯は履いてない方もいたような気がするので、適宜着脱してるんでしょうけど、結構驚きました。あとヨーロッパ系航空に乗るとおばちゃんCAが多い。しかも結構ごつめの。これは悪い意味ではなくて、安心感がすごい。離陸のときCAの椅子に座ってひたすらべらべらしゃべってる感じとか、ほどよく力が抜けてて、こっちもリラックスできていいし、何かあったら守ってくれそう感。CAさんとは英語で意思疎通しますが、現地のCAさんどうしはフィンランド語でしゃべってました。フィンランド語って、なんかもうすごい早口で母音の発音が激しくて、河内弁みたいでした。

 

機内では基本的には寝てました。シートがフルフラットで、女性の中では背が高い私も脚をのばして寝れました。すごい。あとは本読んだり。

 

それにしても、生涯ビジネスクラスに乗れる人なんて限られていると思うので、ラッキーで貴重な経験でした。あくまで「乗せていただいた」だけだということをよく自分に言い聞かせて、謙虚に生きようと思います。

 

ちなみに、ビジネスクラスの乗客は空港でラウンジが使えますが、中部国際空港にFINAIRのラウンジはないので、同じアライアンスのJALサクララウンジが使えました。そこで食べたカレーがめっちゃおいしかった。すごいシックないかにも「ラウンジ」っていう空間で、みんながカレー食べてて、ちょっとおもしろい光景でした。名古屋発祥のココイチとのコラボメニューって書いてあったので、もしかすると中部国際空港だけ?なのかもしれません。機会があればぜひチェックしてください。

 

マンネリ化防止の救世主・サルサソース

インスタから飛んできてくださっている方も多いようなので、すでにばれていると思いますが、ベルギーに来て以来、味のパターンが限られていてとても困っています。

  • 塩コショウとハーブ
  • トマトソース
  • トマトクリームソース
  • ホワイトソース
  • ブイヨン(コンソメ系)

いまのところこのくらい。トマトソースをトマトクリームソースを分ける不正を犯しても5パターン。私の場合は昼食で適宜調節(フルーツだけ、パンだけなど)できますが、夫くんの場合職場の食堂でも似たようなローテーションのようで、下手すると昼も夜もトマトソースという悲劇が起こってしまうのです。

料理本を立ち読みしていても、トマトソースのパスタで1ページ、トマトソースのピザで1ページ。トマトソースのラザニアで1ページ、、、いやいや全部味一緒やがな。フランスの家庭料理の本もあるはあるのですが、昆虫大図鑑のような大きさと値段でとても手が出ません。かといって日本食を作るには材料が手に入らなさすぎるので(豆腐など)、ヨーロッパにこだわらずさらなる異国料理を探求する方向で考えた結果(多民族国家ということもあってか各種スパイスは手に入る)、そういえばフォローしているインスタグラマーの方がサルサソースを多用していたことを思い出しました。日本からベルギーに移住し、メキシコ料理を作る。ノーボーダー。

 

 

白身魚のムニエルにかけてみました。お気づきの方もいるかもしれませんが、パセリの大量消費に成功しています。マンネリ打破とパセリ消費の一石二鳥。ありがとうございます。なんとなく色合いを考えて紫たまねぎにしてますが、たぶん普通のたまねぎでもOK。この辺の具を刻んで刻んで調味料とあわせました。

  • 塩コショウ
  • レモン汁
  • オリーブオイル
  • タバスコ(みじんぎりの青唐辛子でも)

夜ご飯だけならすりおろしたにんにくもよいみたいです。私は作り置きして昼にも食べたかったので入れてません。量はお好み、ノリで大丈夫です。個人的にはこの順番で入れいていくと失敗はないかなと思います。調味料をあわせたあと、最低10分くらい置くと、玉ねぎから水分が出たりして味がなじみました。

さっぱりスパイシーでおいしかったです。こういう味がなかなかこちらでは(自分で生み出すかメキシコ料理店に行かない限り)出会えないので、新鮮でうれしい。

 

ちなみに白身魚の名前は「FILET DE CABILLAUD」フィレドゥキャビラウド、検索したら鱈という意味でした。二人前で5.5ユーロ、700円くらい。そんなに安くはないですが、こちらで売ってる魚の中ではこれでも安い方です。

魚の付け合わせのインゲン豆とにんじんは、特に味付けはなく、オリーブオイルで素揚げしただけです(少し多めの油で魚を焼いてます)。どちらも味が濃厚でめちゃくちゃおいしい。夫くんも絶賛なのですが、ジュースとか加工品を除いて「にんじん」をおいしいと思ったのは人生で初めてかもしれません。

 

使いかけですが、こんな感じで1キロ1ユーロくらいで売ってます。爆安。このリレーバトンみたいなにんじんが主流みたいです。加熱すると甘くなっておいしい。

 

とりとめない料理談義ですみません。男性の人楽しくないと思いますが、引き続きよろしくお願いいたします。